2015年

4月

21日

地に足がついた!ブレても戻ってこれる!!~岐阜クラス4月コース修了~

こんにちは!

産後セルフケアインストラクターのヒロです。


やっと晴れましたね!!

朝から洗濯機を2回回して、外に干す!

これだけでも「今日は一日いい日になりそう☆」なーんて思っちゃう^^


そんな今日、ラストにふさわしい晴天のもと、

今月も岐阜クラスから母たちが卒業していきました!


寝てばかりじゃないですよ(笑)

こうやって自律神経を整えたり、神経の通りをスムーズにしているんです。

神経だって、自分でコントロールできちゃうんですよー!!

●さらっと爽やかな汗をかけるようになった!

●骨盤呼吸法と骨格調整のセルフケアが気持ちいい!

などなど、体を動かしたからこそ感じた「快」を、

言葉にしてくださった皆さん。


これは誰かにケアしてもらっても得られない気持ちよさなんです!!

自分で取り組むケアだからこそのご褒美☆

シェアリングでは、

自分が自分が!と自分の事しか見えてなかった初回から、

パートナーと向き合う余裕が生まれ、やっと地に足がついた。

ずっとパートナーに対して感謝しなくちゃ!と

頭では分かっていたけれど、初めてそれが腑に落ちた!

これからはブレても戻ってこれる自信がついた!!

というMちゃん。

 

「夫婦で思いやりをもって…」とか精神論で切り抜けられたら

誰も苦しまないんですよね。

 

Mちゃん自身も

「勝手にイライラして、私が家の中の空気をめちゃくちゃにしてた」と。

これ、私もそうだったから、本当にその苦しさはよくわかります。

 

でも、夫とも本当は仲良くやりたいし、意地悪をしたいわけじゃない。

「子どもを持つと女性は鬼嫁化する」なーんて言われることが多いけど

だれもオニババになりたくてなっているわけじゃないんですよね。

 

24時間待ったなしで始まる赤ちゃんとの生活の中で

寝不足と緊張感と疲労のもとで小さな命と向き合う日々。

 

そんな疲弊した心身はあっという間に

「なんで私ばっかり大変なのよ!!!私がどんだけ大変か

どうやってこれを旦那に思い知らせてやろうかしら??」

文字にするとこんな恐ろしいテーマに支配されて、

夕食を用意するときに冷蔵庫の扉をわざとバターンと閉めたり、

相手に聞こえるようにわざと大きなため息をついてみたり。

 

でもそれは性格とかの問題じゃなく、条件さえそろえば誰でもなるもの。

それが産後のカラクリ。

 

だから、マドレボニータの産後プログラムでは

精神論だけじゃ抜けられないこのカラクリから抜け出すために、

まずは体力を取り戻します。

 

体力がついてくると、自分を客観的に見られたり、

夫や周りの人への感謝の気持ちももてる余裕が湧いてくる。

そして自分の思いを言葉にしてみる。相手に聞いてもらう。


この一連の作業を通じて、漠然としていたモヤモヤが課題となり、

それが今度は大きなチャンスとしてとらえられるようになる。

 

こうして、カラダ→ココロへのアプローチを通じて得られる気づきは

誰かにケアしてもらってというだけでは、得られないものなんです。

 

受けるケア自分で取り組むケア

どちらも大切です。

でも、どちらかだけだと、やっぱりバランスを崩しちゃう。

 

この一カ月で得られた気づきは、今だけじゃなく、

きっとこれからの長い育児の中でも、夫婦関係の中でも、

ふと思い出したり、活きてくることが多々あると思います。


この先、しんどいことに向き合わなきゃならない時が来ても、

身体を動かしたり、言葉を紡ぎながら、

強くしなやかに歩んでいってくださいね。


1ヶ月間(Mちゃんは2ヶ月間!)、ありがとうございました!

また会いましょう❤︎

単身で参加してくれたちまきちゃんも、

赤ちゃんをだくさん抱っこさせてもらって、本当に嬉しそう!!

抱っこしてもらったⅠさんも嬉しそうでしたよ^^

自分で取り組むケア、はじめてみませんか??

【ただいま受付中の講座】

☆産後のボディケア&フィットネス教室☆

 岐阜クラス5月コース

 名古屋クラス5月コース:残席4