2015年

11月

11日

母となった女性に必要なのは、自分自身をちゃんとキャッチすること

産後でも元気な私にあえる!

NPO法人マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターのヒロです。

 

今日は瑞穂市立本田小学校にて、家庭教育学級の講座を担当させていただきました。

開始早々「ムリですっ!」と叫ぶ方なんかもいて、爆笑のうちに終わりを迎えて…いやぁ〜今回も面白いメンバーに恵まれました\(//∇//)\

「これまでいかに自分の身体に意識が向いていなかったかを痛感した!これからはちゃんと自分の身体も大切にしようと思った」というのは、役員Mちゃんの感想。


ついつい子どものことでのいっぱいいっぱいになってしまう産後。

 

そうすると、身体の感覚も、自分の気持ちもあっという間に見失ってしまって、その期間が長ければ長いほど、取り戻すにも時間がかかってしまう。

だから、母となった女性に必要なのは、

自分自身の身体と心を見失わず、ちゃんとキャッチできる力を持つこと

そうして、周りの情報に翻弄されず、自分で選択していける力を持つこと。

 

そこで、産後じゃないけど…という皆さんには、そんな忘れかけてる心身の声を思い出すべく、今日はまず、自分自身の筋肉の存在を思い出す!ってところからチャレンジしていただきました。

レッスン後には清々しい表情!


これは決して受け身のものではなく、自分で取り組んだからこその笑顔だな、といつも思うのです。


素敵な機会をくださった役員のMちゃん。ありがとうございました!