8/27まで!【出産経験のある女性対象:産後のうつ的症状と日常生活に関するアンケートにご協力お願いいたします】

産後でも元気な私にあえる!

 

NPO法人マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターのヒロです。

 

連日、オリンピックの応援に力が入る日が続いています。

まー、見事な寝不足で(笑)

そして毎日、何かしらの涙を流してる気がする・・・。

 

今朝の吉田沙保里選手の涙にも号泣しました。

いつか来るとはわかっていた、連勝ストップの日。

彼女が背負っていた「五輪4連覇」、そして日本選手団の主将の重圧って、私なんかが想像もつかないものなんだと思うんだけど、それでもちょっと想像しただけで、本当息苦しくなる。

 

『ゴメンナサイ」と何度も謝る姿に、誰も吉田選手を責めないよー!!と思う。

 

そして、観客席で子どものように泣きじゃくる登坂選手の表情を見て、確実に次世代に吉田選手の魂は繋がっているんだろうな、と感じてなんだかわからないけれど、心がポッと温かくなったり。

 

とにかくオリンピックには心を震えさせる力が宿ってる。

今回もそんな瞬間をたくさん胸に刻んでおきたいな。

残りわずかのオリンピック期間。もう少し寝不足で頑張ろう(笑)

さて、今日はこのブログを読んでくださる方にお願いがございます。

ただいま、NPO法人マドレボニータでは「産後のうつ的症状と日常生活に関するアンケート」を実施しております。

 

先日も私の個人的なFacebookでシェアしたところ、たくさんの方からの反響とご協力をいただき、いかにみなさんの関心が高いかを知ることになりました。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

こちら8月27日までとなっておりますので、今回はこちらでも呼びかけさせていただきます。

 

産後ケア文化を変えていくには、一人一人の声がとても大きな力となります。

産後うつに苦しまれた方がいらっしゃいましたら、そんなあなたの経験も、次世代の母たち、父たち、そして子どもたちにとってはかけがえのない宝になります。後世に伝えていくためにも、ぜひともお声をお寄せください。

 

以下、マドレボニータの公式Facebookより引用します。

ご協力お願いいたします。

「小さな命を守らなくてはと考えすぎていたのか、二人きりで過ごす時の緊張感がものすごくあった。怪我をさせちゃいけない、熱を出したらどうしたらいいか、などの不安で赤ちゃんの世話を最優先させた結果、自分の体の心配ができなくなっていました。」

 

「夕方になると動悸が激しくなり、他人と話すだけで意味もなく涙が出た。子どもが寝ていても、そのうち泣くと思うと動悸が激しくなった。」

 

今実施中の「産後のうつ的症状と日常生活に関するアンケート」にお寄せいただいた声の一部です。

 

8月10日の調査開始からみなさまのご協力により大きな反響をいただき、現在620名あまりの方からご回答をいただいております。

 

ご自身の体験を思い出してご回答いただくということ。

内容が内容だけに、簡単なことではないと思います。

それだけに、思いを託していただいていることの重みを、本当にありがたいと感じています。

今、いただいた回答をひとつひとつ読ませていただいています。

 

産後うつの特殊性は、周りからは「一番幸せな時期よね」と声をかけられ、自分でもそうであるはずだと思っている時期に起きることにある、と私たちは考えています。

 

だからこそ、声を上げにくいし気づかれにくい…今まで現れてこなかった産後女性の声を、ひとつでも多く取り上げさせていただけたら、と思っています。シェアいただけるとありがたいです。

 

調査結果は、当団体の刊行誌「マドレジャーナル33号」等で発表いたします。

ぜひご協力おねがいいたします。

 

▼【出産経験のある女性対象】

産後のうつ的症状と日常生活に関するアンケートはこちらから

 

               

NPO法人マドレボニータ

担当:八田吏

http://www.madrebonita.com/