一線を外れることは怖くない!〜産後ケア教室@桑名6月3週目〜

産後でも元気な私にあえる!

NPO法人マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターのヒロです。

この日は、産後ケア教室@桑名6月3週目でした。

 

残念ながら、Mが上のお子さんの病気のため、お休みに。

昨夜、そのMからは「昨日は元気いっぱいだったのに・・・そして今日に限って・・・という気持ちは否めません」という悔しい気持ちいっぱいのメールが。

 

嗚呼・・・わかる!わかります!!

産後の、このどこにぶつけたら良いかわからない悔しさとか、悲しみとか、憤りとか・・・。日々、小さな子を持ちながら過ごしていると、そんな感情がぐるぐる巡るんですよね。

 

その気持ち、痛いほどよくわかるからこそ、しっかり受け止めましたよー。

そして6月メンバーのみんなとMの悔しさを共有して、Mの分まで弾んで、語りましたから!!!来週、ご一緒できることを楽しみにしてます。お大事にー!!

 

エクササイズは、前から見てて、鳥肌が立つほど上達してた皆さん@@!

もうね、本当にすごいんですよ、3週目の弾みっぷりって。

 

特に今月メンバーの皆さんは、1週目から筋がいい!という印象があった上、気迫というか、やる気というか、「全部持って帰ってやる!」という気持ちがすごい!!

そんなみなさんの気持ちが形になってきて、ますます楽しくなってきました。

あー、来週の仕上がりが本当に楽しみ^^

 

そして後半のシェアリング。こちらもますます面白くなってきました!!

今回話題になったのは「復職への不安」。

 

とはいえ「不安」と一言でいっても、その裏にはどんな背景があって、そう思うのか?それは聞いてみないとわからない。

 

ということで、いろいろ紐解いていってみると見えてきたのが、

「ブランクが空いてしまうことによる自信の喪失」と

「妊娠した時に歓迎されなかったことによる、”復職しても迷惑だと思われるんじゃないか?”という思い」でした。

 

そしてもう少し掘り下げていくと、「なんで私、この仕事をやりたいって思ったんだろう?」というところから、その職に対する自身のスタンスも少しずつ見えてきた!!!!!

 

ずっと突っ走っていると、いつの間にか忘れてしまったり、見失ってしまったり、なんとなく流されてしまう「なんで働くのか?どう働きたいのか?」という本当の思い。

 

”出産”という、イヤでも立ち止まらなくちゃいけないこのタイミングに、ちゃんとその思いにちゃんと目を向けて、これまでのあり方と、母となったからこその、これからの身の振り方を模索する作業は、この先のまた走り出さなくちゃいけない時期に向けて、必要不可欠だと思うんです。これをしないままだと、ますます翻弄されてしまうから。

それぞれの仕事に対するスタンスを言葉にし合っていく中で飛び出したのが、「第一線を外れることは、決してマイナスじゃない」というSちゃんの名言。

 

妊娠出産は、仕事をしていく上で失うものが、一見多いようにも見えてしまうかもだけど、見方を変えたり、長い目で見たら、実は得るものも多くて、財産になることも多いんだ!ということを、Sちゃんの実際の経験から学んだことをシェアしてくれて、他の方が大きく頷いていました。

 

きっとSちゃんの実感のこもったこのメッセージは、他の皆さんにとっても大きな支えと力になったはず。

 

不安も葛藤も共有して、ますます面白くなってきた皆さんの関係。

来週はもう最終回だなんて、やっぱり寂しいけれど、だからこそもっともっといろんな想いを分かち合いたい!と思います。

 

レッスン後、先週、振替参加をしてくれたMも合流して、ランチに向かわれる皆さんをパチリ!私も色々話したかったけれど、インストラクター報告会のため岐阜へとんぼ帰り〜^^;

 

桑名教室、現在受付しているのは8月コースです。

ぜひご参加&ご紹介くださいね。

 

 

<現在、受付中の講座・イベント>

 

■産後ケア教室@岐阜

・7月コース: 7月11・18・25・8月1日 → 受付中

・8月コース:休講です

 

■産後ケア教室@名古屋駅前

・7月コース: 6月30・7月7・14・21日 → 受付中

・8月コース: 休講です 

 

■産後ケア教室@桑名

・6月コース : 6月1・8・15・22日 

・7月コース:休講です。

・8月コース : 8月3・10・17・24日 →受付中

 

7/8(土) 10:00-12:00 両親学級@山県市(高富児童館)

(平成29年度山県市子ども・子育て利用者支援事業/NPO法人かばさんファミリー主催)

 >>お問合せ&お申し込みは、高富児童館(0581-22-4750)までお願いします。