イライラの裏にあるのは「傷つきたくない」「寂しい」という思い〜岐阜月1月2週目〜

「産後でも元気な私にあえる!」

認定NPO法人マドレボニータ 産後セルフケアインストラクターの山本裕子です。

大寒波がやってくる!とビクビクしながら迎えた今朝。

雪が積もってないことにホッとして、寒さ厳しい中旗当番を終え、向かった先はプリムローズ。岐阜教室2週目を迎えました。

スタジオに着いて、ウェアをバッグの中から出すと、あれ?濡れてる…( ̄∇ ̄)

「しまった!お茶がボトルから溢れてた!」と焦ったものの「ま、弾んでたら乾くよね、お茶だしね!」ってことで、何事もなかったようにシレッと履きまして。 我ながら、いろんなことに動じなくなったなぁとしみじみ…きっと誰も気づかなかったはずwww

 

今回は、体験見学で来てくださった方、TOMOSメンバーでもあり、今春第3子を出産予定のゆきまり、10月コースOGのふじさんの3名も加わって、4組でのレッスン。


「先週よりも身体が自由に動かせるようになって嬉しい!」とはレギュラーメンバーのはーちゃん。グッと先週よりもダイナミックに動けるようになってて、前から見ててもその差は歴然!

その一方で、「あれ?全然筋肉の使い方がわからなくなってる」とは、妊婦のゆきまり。

腹直筋はもちろん、腹斜筋(つまり脇腹)の筋肉がほとんど動かなくなっていて、そのことに愕然としてて。お腹が大きくなるにつれて、これほどにもお腹まわりの筋力というよりも、感覚そのものを失ってしまうんですよね。

でも、それって身体を動かしてみないとわからないので、こうしてまずは動いて、感覚をしっかり掴んで筋力を発揮させておくことも、妊娠中には必要だと痛感しました。
エクササイズの後は、母となった人生にがっつり向き合う時間。言葉を取り戻す時間でもあります。

独り身だった時には、自分だけの思いで突っ走れてきたけれど、子どもを持つことで、人生そのものも、働くことも、自分だけの思いだけで決めることが難しくなる。

 

今までできたことができなくなったり。

今までやってなかったことをやらなくてはいけなくなったり。

その間で大きく揺れ動く、気持ちのバランス。

 

 

そして、それは自分の中だけではなくて、パートナーともちゃんとバランスを取っていかなくてはならなくて。だけど、当のパートナーに抱く感情は、イライラしてしまうことが多い。

 

今日もそんな声がたくさん聞こえてきました。

 

でも、そのイライラする気持ちの裏にある思いをもう少し聞いてみると、見えてきたのが、「また前みたいに傷つきたくない」「私のことをもっとかまってほしい。寂しい」そんな気持ちで。

 

こういう気持ちを自分でちゃんと受け止めて味わうこと、そして「寂しかった」と素直に伝えることで、感情の赴くままにぶつかり合うことも減るんじゃないかな。

 

素直になるって本当に本当に難しいけれど、これだけ感情が変化する産後という時期に、ちゃんと気持ちを伝えあえる関係を築いていければ、きっとこれからの人生を、強く歩んでいけるはず。

 

そしてそうやって関係を作っていく夫婦関係を一番近くで見ているのは、子どもたちであるわけで。大事なのは、意地を張り合っていがみ合う関係を見せたいか、素直にぶつかり合いながらもいい関係を作っていこうとする姿を見せたいか?なんだじゃないかな、と思うのです。

 

来週以降も、自分の気持ちに敏感になっていけるよう、引き続き「私はどうしたい?」を問いかけていきますー。

 

 

産後2年で単身参加のはーちゃんの、赤ちゃんに注ぐ表情の優しいこと!!!

バリバリの表情を見せることが多いはーちゃんだからこそ、この柔らかな表情が新鮮!!!!

 

来週・再来週も体験見学・単発参加、大歓迎ですー。

ぐっと寒くなってきた中、バリバリになった体をほぐしに来てください^^

 

お申込はこちらからどうぞ。

メッセージ欄に「1/30 or 2/6体験・単発参加希望」と明記してくださいね。

 

 

◆現在受付中の講座・イベント・最新NEWSは 

 

    こちらからご確認ください!