ご訪問ありがとうございます。

こちらは日常の活動を記録したブログです。

レッスン情報などはHPでご確認ください。


Blog


関係性作っていくのは自分次第だ!〜岐阜教室9月2週目〜

こんにちは!

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクターの山本裕子です。

 

まだまだ気温は高いけれど、空がうーんと高くなって、秋の気配をいっぱい感じられる季節になってきましたね。

 

保育所に向かう車の中で、息子が「雲がもこもこもこって、ひろがってる!」と空を見上げながら叫んでてw「うろこ雲って言ってね。秋の雲だよー」なんて会話もしながら。毎日が楽しい発見の5歳児!!!

これは週末の5歳児。

上の娘の部活の合間(この日は車当番で、1日多治見へ)、公園で遊んできました。

子どものトンネルを見つけて潜ってみたり、バッタやカマキリを見つけては捕まえたり、反逆されたり(笑)。こういう時の生き生きしている表情ったら!!!!

 

年の差兄弟で、どうしても上の子中心に動かなくちゃいけないことが増えてきて、大変なこともあるけれど、周りの母友にも助けてもらいながら、息子の時間もうまく確保して、かれこれ4年間バレーボールを続けてこれているのはありがたい!!


さて、そんな秋晴れの今日、岐阜教室9月コース2週目でした。

今月は全員二人以上のお子さんをお持ちの母たちなので、連休明けの体の状態をヒアリングしてみると・・・皆さん、口を合わせたかのように「身体が重たい」と。

 

子どもが大きくなるにつれて、連休も体力勝負になりますもんね。

しかも今月は連休が2週連続ーーーーーーーーーー!!!!!

いやぁ、親も鍛えられます(笑)

 

産後直後はもちろん、子どもの成長に伴い、遊べる体力がどんどん必要になってくるのです。

こっちは加齢するけれど、子どもたちは右肩上がりに体力ついてきますからっ^^

 

ということで、今日もしっかりと筋肉を使ってエクササイズ。

 

今週は、養成コースで研修中の今川涼子さん(通称涼ちゃん)が、アシスタントとして入ってくださいました。

 

涼ちゃん、今月は岐阜教室となんと福井教室(朝6時台の電車に乗って!)でのダブル研修です。いろんな教室で研修することで、幅広い参加者の皆さんの様子とかインストラクターのキャラとかが学べるいい機会。2児の母でもある涼ちゃんがその時間を捻出するのは、容易なことじゃないけれども、それは家族みんなの協力なくしては実現できないこと。家族との関係性も養成コースでどんどんブラッシュアップしていきます。

 

涼ちゃんは愛知県一宮市をベースにしながら、岐阜県多治見市でも産後ケアを伝える場を作っていきますので、お近くの方は是非チェックしてみてくださいね。

涼ちゃんのHPはこちらから。

 

さて、レッスンの様子に戻ります。

今回は2週目。参加者の皆さんの弾みも、少しずつ安定して、動きも使いたい筋肉をしっかり意識しながら、より動きの精度を上げていきます!

 

エクササイズ後、次々と「今日は筋肉を使ったー!!!!って気がする」「体が軽くなったー!」という声を聞かせてくださった皆さん。しっかりプログラムの効果を体感してくださっていて、本当にうれしい限りです。

 

そして後半のシェアリング。

今月の皆さんは、自分が喋る時になると、身振り手振りが大きくなっちゃうという共通点が!!しかも、この写真、喋り手のお二人が同じポーズをしてるし(笑)

いやいや、それくらい伝えたい気持ちが強いってことですよね。湧き上がる思いを必死に伝えようとする姿が眩しいっ!

今回話題に上がったのは、自己開示の大切さでした。

 

女性にとって、妊娠・出産・産後はとてもデリケートな時期。

 

欲しいと思うタイミングで赤ちゃんを授かることができる人もいれば、なかなか思うように授かることができない人もいる。

 

妊娠中から、母子ともに健康に過ごせる人もいれば、そうでない場合もある。

 

だから、もし目の前の大事な友人が、しんどい境遇にいたりすると、相手を思えば思うほど、言いたいことが言えなくなってしまったり、必要以上に気を遣ってしまって、どう声をかけていいかわからなくなることがあるよね、と。

 

そんな中、上のお子さんが障がいを持って生まれた方が、産後直後の正直な気持ちを聞かせてくださいました。

 

当時は、お子さんの入退院の繰り返しでとにかく大変で、ご自身も大好きだった仕事を辞めざるを得なかったことで、仕事復帰していく友達が羨ましかったと。

 

また「どうせこの気持ちはわからないでしょ」という気持ちになって、しんどい気持ちを話せるのは同じ障がいを持った母たちだったそう。そして、そんな自分の気持ちはやっぱり周りにも伝わって、腫れ物に触るような関係性を作ってしまっていたと。

 

でも、お子さんも成長し、今では幼稚園にも行けるようになり、ご自身も大好きだった仕事を少しずつできるようになったことで、そんな関係性を作ってしまっていたのは、自分自身だったと気づくことができたそう。

 

だから、今では障がいの事を隠さずにどんどん話していくし、それによって周りの人たちも腫れ物にさわるのではなく、そのままを受け止めてくれるようになったと話してくださいました。関係性を作っていくのは、自分次第だと。

 

大事な人を思えば思うほど、相手の気持ちをわかってあげたい!支えてあげたい!と思うけれども、そもそも本当の気持ちや痛みなんて、簡単に分かるわけなくて、「わかる!」なんて言ったら、それこそ失礼なんじゃないかと。

 

だから、この「わからない」ことを前提に置いた上で、シンプルに互いの気持ちを伝え合える関係性を築いていけたら、もっともっと優しい気持ちで向き合えたり、支え合える人が増えるんじゃないかな?と。

 

そのためには、相手がどうとかではなくて、どれだけ自己開示していけるかなんだなと。

そして、自分の気持ちを素直に表現できる言葉をどれだけ持ち合わせていけるかなんだよなと思ったのです。

 

 

今でこそ、こうしてケロッと笑顔で話してくださっていましたが、ここに至るまでには、想像もつかないくらいの葛藤や苦しさがあったんだと思います。でも、そういう葛藤を必死に乗り越えてきた人は本当に強いし、言葉にも力があります。

 

今回、こうした経験を話してくださったことで、皆さんと一緒に、周りの人とどう向き合っていったらよいか?を考える大事なきっかけとなりました。本当にありがとうございました!

 

おかげで、2週目にして一気に距離が縮まった皆さん。

レッスン後はランチに行かれて、いろんな話をされたそう!

来週はまたいろんな思いを聞かせてもらえそうで、これまた楽しみです^^


<<受付中の産後ケア教室・各種講座>>

産後ケア教室@岐阜(火)

  9月コース(9/4〜) ※随時体験見学可能

産後ケア教室@名古屋駅前(金)

  9月コース(8/31〜)※随時体験見学可能

  10月コース(10/5〜)

産後ケア教室@桑名(水)

  9-10月コース(9/22〜) ※あと1組

 

◉【9/22岐阜】朝活バランスボールレッスン ※あと7組

◉【9/27山県】産前産後サポーター養成講座

◉【10/22.29京都】産後ケア教室 in 京都

 ◉【11/7桑名】産前産後の母親サロン

0 コメント

再び京都に、産後ケアプログラムをお届けします!

こんにちは!

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクターの山本裕子です。

 

今年6月にお邪魔した、京都市のウィングス京都さん。

その後、関西のマドレボニータの会員さんや事務局シスターズの皆さんが、「また関西で講座を開催したい!」と奔走してくださり、再び、産後ケアプログラムをお伝えできる機会をいただきました。

しかも今回は連続2回講座!!

単発でも持ち帰っていただけることは多いのですが、やはり継続するからこそ得られるものが多い!のもマドレボニータの産後ケアプログラム。

 

赤ちゃんと一緒の参加はもちろん、今回は託児もご用意していただけているので、少しお子さんと離れてじっくりご自身と向き合うもよし。

 

ぜひこの機会に、産後の心身をケアし、職場復帰や再就職準備のきっかけにしていただけますように。

 

京都市周辺にお住まいのお知り合いの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてあげてくださいね。

 

新しい出会いを楽しみにしています^^ 

 

 

その他、関西では、まもなく産後ケア4回コース開講に向け、大阪の中川奈津子さんも現在、養成コース佳境を迎えていますよー。こちらもぜひチェックしていてくださいね!!

なっちゃんのブログはこちらからご覧ください^^

【市サポ】産後ケア教室 in 京都

 

日 時 :2018年 10月22日・29日(月) 10:00~12:00

 

講 師:山本 裕子(NPO法人マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクター)

 

対 象:産後2ヶ月以降の女性(2018年4月2日以降に生まれたお子さんは、一緒に参加いただけ

ます)

 

定 員 :14組(ただし赤ちゃん同伴は10組まで)

 

受講料 :1組 2,000円

 

申し込み方法:主催者に直接お申込みください(先着順)

       講座の申し込みは10月19日まで、保育の申込みは10月5日までに。

 

≪お申込み・お問合せ≫

主催:関西にもマドレボニータを!(担当:木村)

TEL:090-5255-8542 

E-mail: 35kamp@gmail.com

 

お申し込みはこちらからお願いします

 

講座に参加される方のお子さまをお預かりします(有料 / 定員あり)

保育を希望される方は、講座お申込みの際、いっしょにお申込ください。

料金等、詳しくは保育についてをご覧ください。


<<受付中の産後ケア教室・各種講座>>

産後ケア教室@岐阜(火)

  9月コース(9/4〜) ※随時体験見学可能

産後ケア教室@名古屋駅前(金)

  9月コース(8/31〜)※あと4組

  10月コース(10/5〜)

産後ケア教室@桑名(水)

  9-10月コース(9/22〜) ※あと2組

 

◉【9/22岐阜】朝活バランスボールレッスン ※あと7組

◉【9/27山県】産前産後サポーター養成講座

◉【10/22.29京都】産後ケア教室 in 京都

 ◉【11/7桑名】産前産後の母親サロン

0 コメント

9/27山県市にて講座を担当します。「赤ちゃんのお世話したい隊」集まれ〜!!

こんにちは!

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクターの山本裕子です。

マドレボニータの産後ケアを山県市の子育て家庭に普及しようと、いつも奮闘してくださっている山県市のかばさんファミリーさんが、またまた新しい取り組みをスタートします!

 

その名も「赤ちゃんのお世話したい隊」という産前・産後のサポーター養成講座です。

その全5回の講座のうち、1回目と5回目を担当させていただくことになりました。

 

第1回目は、9/27(木)10:00-11:30  高富児童館で開催します。

 

サポーターと聞くと、「いやいや、まだ全然余裕ないし。人を支えるだなんて」と思われるかもしれません。

 

でも、小さな子を持つからこそできるサポートだってたくさんあります。

また、サポートすることで、かえって助けられることも、実はたくさんあるんです。

 

そしてサポートする側だけでなくて、サポートされたい方もどうやったらスムーズにヘルプを求められるか?も、この機会には学べるのではないかな?と思います。

 

台風や地震などで、小さな子を守るためには何をすべきか?を考えることが多かった今年の夏。

 

いつ何時、何が起こってもおかしくない世の中だからこそ、地域の人と繋がりを持っていくことが、生きる力になると思います。

 

まだまだお席があるようなので、ぜひご興味のある方はご参加くださいね。シェアやご紹介も大歓迎ですー。

 

 

お問い合わせ・お申し込みは、NPO法人かばさんファミリー(0581-22-4750)へ直接お願いします。

 


<<受付中の産後ケア教室・各種講座>>

産後ケア教室@岐阜(火)

  9月コース(9/4〜) ※随時体験見学可能

産後ケア教室@名古屋駅前(金)

  9月コース(8/31〜)※あと4組

  10月コース(10/5〜)

産後ケア教室@桑名(水)

  9-10月コース(9/22〜) ※あと2組

 

◉【9/22岐阜】朝活バランスボールレッスン ※あと7組

◉【9/27山県】産前産後サポーター養成講座

◉【10/22.29京都】産後ケア教室 in 京都

 ◉【11/7桑名】産前産後の母親サロン

0 コメント

赤ちゃんの笑顔で疲れも吹っ飛・・・・ばない!〜産前産後の母親サロン@桑名〜

こんにちは!

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクターの山本裕子です。

今日は今年度3回目の『産前・産後の母親サロン@桑名』でした。

 

●桑名教室OGの皆さんがあちこちに走り回り、配布してくれたチラシを見て参加してくださった方。

 

●サロンに参加してくださった方が「行ってくるといいよ!」とLINEに申込サイトのURLを送ってくれたという方。

 

●親戚の子がまもなく出産で、県外から嫁いできたこともあって、産後のことも、地域のことも教えてあげたいなと思い、一緒に参加したという桑名教室のOGさん。

 

 

と、たくさんの方の後押しがあって、この場に足を運んでくださった方がとても多かった、今回のサロン。おかげさまで1席増席して、満員御礼での開催となりました!

 

まずは、サロンの告知にご協力くださった全ての皆さんに心からの「ありがとう!」を伝えたいです。本当にありがとうございました。

 

 

新たな文化を作っていくには、こうした一人ひとりの小さなアクションの積み重ね・連鎖が必要で、それはとても大きな力になるんだなーってことを、私はこの仕事を始めて8年間、ずっとずっと感じてきました。

 

そして、9年目の今年は、その勢いが静かにスピードを上げていっているのも感じています。

私がこうして日々動けているのは、私だけの力なんかじゃなくて、皆さんの思いや行動が大きな力となって、私を動かしてくれているのだと。

 

10月からはマドレボニータは新年度が始まるのですが、新しい年度も、そんな皆さんのお力をパワーに変えながら、一つでも多くの家族に産後ケアを届けていきたいと思ってます。

なので、是非ぜひ、引き続き、小さなアクションとパワーをいっぱいお寄せくださいー!!!!

 


さて、前置きが長くなりましたが^^; 11組の母子とともにスタートしたサロン。

 

自己紹介と肩こりケアをお伝えした後、お隣の方との距離をもう少し近づけるためのコミュニケーションワークへと進んでいきました。

一人30秒の持ち時間で、お隣の方に「24時間以内にあったよかったこと」のエピソードを話していただくのですが、タイマーが鳴っても、あちこちでしゃべり終わらない!!(笑)

まだまだしゃべり終わらない(笑)

もう一気にボルテージも最高潮です!

 

こうやって、子どものことじゃない、自分の話をするときの皆さんの表情がいつも生き生きとしていて、遮るのすら申し訳なくなってしまうくらい^^

 

 

その後、産後の心と体にまつわるQ&Aをいくつか出題し、参加者の皆さんの経験談もいろいろ聞かせていただきました。

 

 

すると、こんな話が出ました。

 

「先に出産した友達が『子育て楽しいよー。赤ちゃん可愛いし、笑ってくれると、疲れも吹っ飛ぶよー!』って話してたけれど、現実は、全然赤ちゃんは寝てくれないし、ずっと抱っこだし、疲れはどんどん溜まっていくし、全然違う!って思ったし、辛かった」と。

 

ですよねー。

私もそれ、13年前の産後にすごく感じました。

 

初めての育児で、すべてのことが不安で。

可愛いと思う瞬間もそりゃあるけれど、それ以上に、可愛いと思えない瞬間の方が多くて。

だけど、それを口にしてしまったら「母親失格」のような気がして言えなくて。

 

ってか、そもそも新生児って笑わんし〜!!!!!(笑)

やっと赤ちゃんがこちらの呼びかけに反応して、笑ってくれるようになって、私自身も赤ちゃんの扱いに慣れてきた3ヶ月くらいから、ようやく「あー、可愛い」と思えることも増えていったっけ。

 

 

 

 

体のあちこちが痛かったり、子どものお世話にてんやわんやでしんどいというよりも、自分の正直な感情を、実家の母にも、友達にも、そして一番近くにいる夫にさえも口にできないこと。それが一番しんどかったんだと思います。

 

 

 

だから、このサロンは、そんな正直な気持ちを吐き出せる場になったらいいなと思っています。そういう気持ちを受け止めてもらえると、今度は目の前の人の気持ちを受け取れるようになると思うから。

 

その上で、産後のリアルな変化を知り、それぞれの家庭に持ち帰って「自分たちの家族・夫婦はその起こりうる変化に対して、どんな対策を取っていくか?」をお互いの『どうしたい』を同じテーブルに出し合いながら、準備を進めていくきっかけにしてもらえたら嬉しいです。

 

 

今回参加してくださった皆さんが、ご自身の気持ちを吐き出せる相手や場所を作り、より穏やかに産後を過ごせることを心から祈っています!今度は赤ちゃんと一緒に、産後ケア教室でお会いできたら嬉しいです^^

 

ご参加くださり、ありがとうございました!

桑名のサロンをいつも仕切ってくれているマドレボニータ東海TOMOSのさーやんも、第3子を無事出産し、産褥期が明け、久しぶりのシャバの世界に喜んでました(笑)!

そして、同じく第3子産後のTOMOSメンバーのゆきまりも、今回岐阜から参加!

お二人とも、今回の産褥期はたくさんの友達に助けてもらって、穏やかな産褥期を過ごしました。

 

でも、それは決して二人が友達に恵まれているだけじゃなくて、二人とも「産後はゆっくり休める環境を作りたい」という希望を持って、妊娠中からパートナーや家族、友人とのコミュニケーションを諦めずに続けたり、そのための環境や関係性を作り続けてきたからこそなんですよね。

 

その見えにくい苦労をどうやって伝えていこうか?

これが、これからの私たちの新たな課題です


<<受付中の産後ケア教室・各種講座>>

産後ケア教室@岐阜(火)

  9月コース(9/4〜) ※随時、体験見学可能

  10月コース(10/2〜)

産後ケア教室@名古屋駅前(金)

  9月コース(8/31〜)※随時、体験見学可能

  10月コース(10/5〜)

産後ケア教室@桑名(水)

  9-10月コース(9/22〜) ※あと1組

 

 

◉【9/22岐阜】朝活バランスボールレッスン ※あと7組

 

0 コメント

岐阜教室9月コーススタートしました!

こんにちは!

認定NPO法人マドレボニータ産後セルフケアインストラクターの山本裕子です。

台風の影響で、1週遅れて、産後ケア岐阜教室9月コースがスタートしました。

今まで体験したことのない暴風雨、そして15時間にわたって続いた停電。。。

あの恐怖から、まだ1週間しか経ってないのに、あっという間に日常が戻ってくることに驚きます。

 

さて、今日はなぜ男性が写ってる⁉️とお気付きの方もいらっしゃるかと^ - ^

先日ご報告したように、2019年1月より岩砂病院・岩砂マタニティ様での産後ケア教室開講に向け、今日は岩砂理事長、そして岐阜OGでもあり、今回の協働に尽力してくださった看護師の真美ちゃんが視察を兼ね、体験に来てくださいました。

産後の母たちが、体力をつけたい!と必死に汗を流し、なかなか出てこない言葉を紡ぐ様子を目の当たりにし、エクササイズはもちろん、特にシェアリングに大きな関心と期待を寄せてくださいました。こんな風に、実際の現場に足を運び、一緒に産後ケア普及に向けて考えてくださったことが、本当にうれしく、心強かったです。

 

そんな理事長のエクササイズに奮闘する姿に、たくさん笑わせていただき、参加者の皆さんも1週目にしては、腹筋が1.5倍鍛えられたのではないかと思います(笑) 

 

これからの変化に期待しながら…1ヶ月間どうぞよろしくお願いします。

振替のSちゃん、卒業おめでとうございます㊗️


<<受付中の産後ケア教室・各種講座>>

産後ケア教室@岐阜(火)

  9月コース(9/4〜) ※随時、体験見学可能

  10月コース(10/2〜)

産後ケア教室@名古屋駅前(金)

  9月コース(8/31〜)※随時、体験見学可能

  10月コース(10/5〜)

産後ケア教室@桑名(水)

  9-10月コース(9/22〜) ※あと1組

 

 

◉【9/22岐阜】朝活バランスボールレッスン ※あと7組

 

0 コメント