2016年

6月

14日

「月刊クーヨン」で紹介されています!&岐阜教室7月コーススタート

産後でも元気な私にあえる!

NPO法人マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターのヒロです。

 

今、発売中の『月刊クーヨン』に、NPO法人マドレボニータの吉田 紫磨子インストラクターが紹介されています。

 産後の女性が失うのは「体力」「ことば」

 

「体力を失う」とは知っていても、「ことばを失う」ってことにはまだまだ知られてないんじゃないかなぁ。

そんな「体力」と「ことば」を取り戻すべく!!マドレボニータの産後ケアプログラムは、4回でその2つを取り戻すために作られています。

 

夫婦のすれ違いをなくすため

前向きな夫婦ゲンカをするため

もっと子育てを愉しむため

一緒に体力と言葉を取り戻しましょう!!

 

ということで、 今月も産後のボディケア&フィットネス教室@岐阜6月コースがスタートしました!!

今月のレギュラーメンバーはお二人とも3児の母。

長い子育てステージを乗り越えるには体力不可欠ー!ということで、今回も筋肉にも心肺にもがっつり負荷かけていきますよー。

 

「1.2人目は自分でなんとかしようとして、でもうまくいかなくてイライラプンプンしてたけど、3人目が生まれ、いよいよ自分1人でどうにもならないと手放したら、夫もそれを分かってくれてどんどん関わってくれるようになった。3人目にして初めて、一緒に子育てしている!という安心感を感じてるって気付いた」とハッとされたという声も。

 

夫が子育てを一緒にやってくれない…というのは、妻がその機会を奪っていることも大いにあるんじゃないかなー。

 

子育ての喜びもしんどさも、母1人で味わうのはもったいない!

夫婦でもっと分け合って、ともに背負っていけたら、もっと我が子のことも可愛く思えるし、夫婦もお互いのことを愛せるんだと思う。

それが家族になる醍醐味だと思う。

 

引き続き、家族をますます面白く豊かにしていくための、体力とことばを磨いていきますねー。